讃岐小豆島 うす家 本文へジャンプ
商品の特長          


手延べうどん 
 
讃岐小豆島で慶長年間(約400年前)より今に受け継がれた手延べ製法で製造しております。2日間にわたり何度も熟成を重ね、引き延ばし縒りをかけ麺のコシを強くしております。コシの強さだけではなく、多加水仕込み(練り工程時の加水は51%)の為、麺のモチモチ感が際立って良く、麺肌が滑らかに仕上がっております。うす家の手延べうどんは小麦粉(中力一等粉)を100%使用し、麺を硬くするつなぎ(例:澱粉やコーンスターチ等)は一切使用しておりません。昔ながらの小豆島手延べ製法で麺のモチモチ感、シコシコ感、甘みの三大要素がバランスよくとれるように仕上げております。

つゆ

かつお節、いわし節、昆布でだしをしっかり取り、小豆島の本醸造醤油であわせた本格的な手作りつゆです。

具材

商品別にうどん、つゆにあう素材を厳選し、調理、加工しております。
 
簡便性

手延うどん、つゆ、具材の全てにわたり、各分野別に長年の経験をつんだ職人と料理人が製造、調理、加工しておりますので、
お水もお湯も一切いらずただ袋から取り出し、鍋に入れて温めるだけで本格的なうどんメニューが楽しめます。

環境配慮

余分な包材、パッケージは使用せず、必要最低限度の包材におさえております。